« 山、山にあらず | Main | ラブやん »

March 08, 2006

地図

●道順をしめす地図を描くというのはあれは一種の才能で、おれのばあいはその才能がかなり欠如しているので、上手に地図を描くひとがいるとひたすら感心する。とうにんにとってはどうってことないことなんだろうけど、それができないにんげんにとっては奇跡をみせられてるみたいな気もちになる。おれのまわりにも地図のじょうずなひとは何人かいて、とくに会社の先輩にものすごくうまいひとがいる。はじめてそのひとに地図を描いてもらったのは30キロくらい離れたところにある取引先のところへいく道順なんだけど、みていてびっくりした。「まずここがウチの会社でな、この道にでてしばらくいくと…」というかんじで説明をしながら要所要所の目印ポイントを的確にかきこみ、きっちりと一枚の紙のなかに完璧な地図を描いていく。そしてじっさいにでかけてみたらまったくそのとおりで、いかにボンクラなおれでも間違えようのない地図だったので、しまいには感動するくらいだった。このひとはふだんからしょっちゅうその場所にいってるわけではなくて、むしろほとんどいったことがないはずなのに、方角とか距離というものを完全に把握していて、しかも適切な目印ポイントをすべて記憶していて、さらにはそれをはかったかのように正確に一枚の紙にすらすらとかきこんでみせる。「ここはさいしょ3車線なんだけどな、2キロくらいいくと2車線になるから、そうしたら右側によっといて、3つめの信号に片町っていう案内標識がでてるから、そこで右にまがって…」というかんじで、地名とか目印をかきこみながら目的地までの線をつなげていく。まるでなにかの芸をみているようだった。すごいひとがいるものである。すごくないのかな。これがふつうなのだろうか。でもおれにとってはかなりすごい。かとおもうとそのいっぽうで、そういう才能をまったくもたずにうまれてきてしまったひともいる。大量にいる。やっぱり会社の話なんだけど、クルマ通勤のひとは一年にいちど自宅から会社までの通勤の経路について地図を描かせられる。いぜん100人ぶんくらいのこの地図をみたことがあったのだが、なかにはとんでもない地図がある。よくある悲しいパターンというのは、紙がとちゅうで足りなくなってしまうというやつである。さいしょ威勢よく自宅をとびだしてみたのはいいだのが、とちゅうでこのペースで描いていると紙が足りなくなるのにはっと気づいたらしく、だんだんとちいさくなっていく。そのひっぱくした精神的動揺がひしひしとつたわってくる、どこかみるものを不安にさせる地図である。さらには「竜頭蛇尾」という言葉があたまをよぎったりもする。そういう地図はけっこうあって、さいしょにちゃんと計算して描きはじめましょうね、ということである。あんまりこういうひとに重要な仕事はまかせないほうがいいかもな、と余計なことまでかんがえてしまったりする。あとあきらかに方角がおかしいものもある。いちおう地元のことなので住所をみればおれもあるていどはわかるので、それはどうみても方角的にまちがっているだろうという地図があったりする。このへんは海とか山とかがないので、ちょっとぼんやりしてるとすぐに方角がわからなくなってしまうというめんはあるのだが、それにしたっておまえ、そっちむいてはしってたらそこにいくわけないだろう、という地図があって、たぶんこのひとはふだんからしょっちゅう道にまよっているんだろうなとおもう。おつかれさまです。いきおいあまって路頭にまよわないことをいのります。でも、そのへんまではまあいちおう常識の範囲内というか、まだ地図としての体裁はどうにかたもっているんだけど、なかにはやっぱり突拍子のないのもあって、たとえば目印がなにひとつなかったりすると地図としてのインパクトは飛躍的に増加する。ふつう地図というのは交差点とかのカドには目印になるコンビニをかきこんだりとか、川を渡るなら橋をかいたりとかするものだけど、そういうのがいっさいない。しかもなぜかやたらと道は大量にかきこまれていて、ようするにタテ線が十本くらい、ヨコ線が十本くらいひいてあって、左上に自宅、右下に会社、あとはあみだくじみたいに自宅から会社までの経路をうねうねとむすんで、それでことたれりとしている地図がある。地図というよりむしろ模様というかんじである。なんだかみようによっては現代アートみたいにもみえる。アートとしてならいいのかもしれませんが、地図としては最低です。断言します。この地図で目的地に到達できるひとはどこにもいません。まちがいなく道に迷います。道にたおれて誰かの名をよびつづけたことがありますか。ありませんか。どうでもいいですが、そのへんちょっとかんがえてみてくださいね。そう説教したくなってしまうような地図である。でも、それはまだましで、おれがいちばんびっくりしたのはたんに一筆書きで自宅から会社までの道をかきこんだ作品である。二十歳くらいの女の子の地図なんだけど、さすがにこれは爆笑しないわけにはいかなかった。とうぜん目印なんかもなくて、ただうねうねと一本の線がのたくってるだけなんである。ここにそのまま転載できればいいんだけどさすがにそれは無理なので、いちおう「こんなかんじだった」というのを再現してみよう。
map
誇張でもなんでもなくて、ほんとにこんなんである。なんというか、ちょっと愛しくさえなってしまうような地図なのであった。十人十色。ていうか、女の子ってほんと、なにをかんがえていきてるんだろうね。ときどきおれはしんからそうおもう。

« 山、山にあらず | Main | ラブやん »

Comments

自宅への地図を描くという作業は、たとえばこのようなブログでプロフィールを書くという作業にも似ていますね。

Posted by: 下条 | March 09, 2006 12:24 AM

…は? すいません、なにが似てるんだかよくわかりません。そんなことよりですね、下条さんのお教えにしたがって「超ぽじてぃぶファイターズ」を2回くらいみました、おもしろかったですがほんとにあれみてたら野球界の事情通になれるんですか。いまのところちっともなれてない気がするんですがこのまま下条さんをしんじててだいじょうぶですか。

Posted by: ぽいう | March 10, 2006 08:43 PM

↑のような地図に枝毛がはえたみたいなのなら書いたことがあります。
しかもそれを母親と一緒に「わかりやすいよね!」と納得していたんだから困ったものです。

Posted by: くらり | March 10, 2006 11:26 PM

野球界の事情通にはなれないと思います。そんなこと言ったっけか。でも小笠原はかんじんなところで役に立たないとかセギノールはバナナに目がくらんで残留したとか日本ハム通にはなれます。最近見逃しつづけてるんだが、巨人魔人はもう倒しましたか?

Posted by: 下条 | March 11, 2006 07:45 AM

くらりさん
だいじょうぶですよ。みんなが完璧な地図を描く必要なんてないです。そんなひとばっかりだったらぎゃくにこまる。具体的にどうこまるのかときかれるとわかりませんがこまるとおもいます。三割くらいのひとがじょうずに地図を描いて、五割くらいのひとがまあどうにかわかるかなという地図を描いて、のこりの二割が癒される地図を描いてくれて、そういう割合がいいんじゃないでしょうか。なんとなく。
下条さん
いいませんでしたっけ? そういわれるとわたくしも自信がないのですが。巨人魔人は、なんだかわからない。わたくしがみたときはでてなかったとおもいます。そういえばなにがでてたかもおぼえてない。

Posted by: ぽいう | March 11, 2006 11:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 山、山にあらず | Main | ラブやん »