« ゴーコン | Main | 茜色の夕日 »

December 09, 2005

サンプリング

●とつぜんですがカイシャというところには「あのヒトはふだんなんの仕事をしてるんだろう」「どうもちっともはたらいてるようにはみえないんだけど」「ほんとにもうなんなのあのひと」という社員がいて、そういう謎な社員の日常業務をしらべる手法にもサンプリングというのがもちいらるるようで、これはなにをするかというと、たとえば5分おきなら5分おきというふうに時間をきめて、その瞬間にかれはなにをしていたかを記録して、それでそのひとの一日を推察したりするわけです。そんなテキトーなやりかたでほんとにうまくいくのかという気もするんだけど、ためしにわたしのような模範社員の一日をサンプリングすると、わたしのばあい、
9:00 パソコンをたちあげる
9:05 エロサイトをみる
9:10 エロサイトをみる
9:15 エロサイトをみる
9:20 エロサイトをみる
9:25 あくびをする
9:30 エロサイトをみる
というふうになって、つまりわたしはえんえんとエロサイトをながめてときどきあくびをしているという、たいへんなゲキムにさらされているというのがコクメイに浮かびあがってきてしまいます。このようなゲキムに耐え抜いた一日のつかれをいやしてくれるもの、それはキンギョです。ここでわたしの帰宅後のサンプリングをしてみますと
7:00 キンギョをながめる
7:05 キンギョをながめる
7:10 キンギョをながめる
7:15 キンギョをながめる
7:20 おこられる
7:25 エロサイトをみる
7:30 おこられる
7:35 キンギョをながめる
と、これまたいやされてるんだかおこられてるんだかわからない状態で、それはもうたいへんです。たいへんなのか。
●話はぜんぜんかわって幸運の女神について。日頃からなっとくのいかないものがあるのですが、それは幸運の女神の前髪です。「幸運の女神は前髪しかない」とかいうではないですか。その話をきいたときにみなさんはなんだかみょうちくりんな、へんなモノを想像しませんでしたか。オレだけか? いやきっとみんなオレとおなじ想像をして、なんとなくイヤ〜な気持ちになったはずだ。だって、前髪しかないひとって、ヘンだよねえそれは。「幸運の女神」なんていうくらいだからものすごい美人っぽいじゃないですか。そうあってほしいじゃないですか。なのに前髪しかないんだよ? それはもうなにをどう着飾って、どんなにおしゃれをしたってどうしようもない。カツラくらいつけたらどうなんでしょうか。それとも幸運の女神はおしゃれには興味がないのでしょうか。女神のくせに。
●まあいちおう想像図。
megami
●やっぱりへんだった。
●そんな話はさておいて、いよいよあしたですね甲。もしあした勝てたら、ついに芽が出たという意味をこめて、ついに一歩突き抜けたという意味をこめて、これからはきみを「申」とよんであげましょう。がんばってください。ゆけゆけ甲、さあ、女神はいまきみの眼前に。


« ゴーコン | Main | 茜色の夕日 »

Comments

おめでとう甲すごいぞ甲。まさか連勝で通過するとは。来年は味スタで会おう甲。

Posted by: りゅう | December 10, 2005 04:56 PM

あっ、ときたくんだ。
来年はよろしゅうたのんます。

Posted by: おおくぼ | December 10, 2005 04:57 PM

甲、おめでとうございます。サッカーの試合ってひさしぶりにみたような気がしますがおもしろかったですよ。
「え? 6対2? ひとりで6点とったの? 満塁ホームランでも打ったの?」とおもわず確認したくなるようなバカ勝ちでした。甲の堂々たる勝利というみかたもありますが、しかし、わたしとしては柏の自爆っぷりが印象的でした。柏まずいよな〜。いまごろ二番街あたりで暴動おきてんじゃないだろうな〜。

ときたくんひさしぶりです。味すたいいな〜。

Posted by: くりた | December 10, 2005 08:15 PM

甲が勝ったと聞いて、なんとなくgoogleで「ぽいう」を検索したくなって、ここに流れついてみた。
いつの間にかURLも変わってたんだな。

Posted by: みやちょ | December 10, 2005 10:44 PM

ところできょうの試合はいったいどこで放映されていたのでしょうか。実はわたし、ケーブルテレビで入れ替え戦を見ていて、おお緊迫した好試合だ柏が先制点だぞ甲府が追いついたやったぜ大攻勢で逆転だと手に汗握りながら見ていて、どうもアナウンスや解説が妙だと感じながら、ハーフタイムのときにようやくこれはもう終わった第一戦だと気づいたのでした。見たかったなあ。バレーで埋めつくされた得点欄。たしか柏の選手が「バレーは怖くなかった。案の定、走ったら僕の方が早かったですもん」とか言っていたとか。

Posted by: 下条 | December 11, 2005 02:30 AM

負け組。そのころ浦和の「力」で天皇杯レッズの録画放送を見ていました。放送終了近くになると、周囲がざわざわと「6-2だって」「2戦合計?」「バレーがダブルハット」「え?PK戦じゃないの?」みたいな感じでした。

放送は千葉テレビとネット中継のみでしたね。

Posted by: Q | December 11, 2005 10:18 AM

お〜みやちょくんではないか。ひさしぶりです。げんきでいたかな。わしはげんきです。

第一戦を第二戦とまちがえてしばらくみていたというのはまことですか。すんごいことしますね。前半おわるまで気づきませんでしたか。ファンタジスタですね。下条万歳。
「バレーはこわくなかった」っていったのはディフェンダーのひとで、たぶん、後半開始そうそうに二枚目のイエローカードをもらって退場になったひとです。そのあとバレーにボコスコとおもうさま決められていたので、それまではかれが守っていたのだという見方もできるかもしれません。でもやっぱ退場になっちゃいかんよな〜。
バレーは試合後のインタビューで号泣しててそれがいちばん中継ではこころにのこった。あれだけ気持ちよく泣ける男というのはすがすがしいです。まさにヒーローだね。
しかし柏はなんであんなにやりたい放題やられたんだろう。とにかくバレーだけは、足をひっかけてころばしても抱きかかえてもつきとばしても、あらゆる手をつかってでもとめておくべきだとおもうんだが。タマなんてみてなくていいからだれかはバレーにはりついてるべきだとおもうんだが。プロはまたべつなことをおもうのかねえ。

Posted by: ぽいう | December 11, 2005 09:45 PM

The comments to this entry are closed.

« ゴーコン | Main | 茜色の夕日 »